すべてのMacコンピュータでシステム整合性保護(SIP)を無効にする方法

Last Updated: 2021-09-15
4.4
((36

要約:macOS High Sierra(macOS 10.13)以降、システムパーティションには、他のサードパーティソフトウェア(使用したい人)がアクセスできない場合があります。 Bitwar Data Recovery for Mac システムパーティションをスキャンするには、最初にSIPを無効にする必要があります。その方法がわからないユーザーのために、この記事では、実行する必要のある手順について説明します。

1.非M1Macのシステム整合性保護を無効にする

ステップ1:Macデバイスを再起動して リカバリモード を押すことによって コマンド+ R同時に。下の画面が表示されるまでキーを放します。

command-r

ステップ2:に移動 Utilities を実行します Terminal アプリ。

Terminal

ステップ3:ここで、 csrutil disable ターミナルウィンドウで、を押します 戻る SIPを無効にします。

csrutil-disable

ステップ4:コマンドを入力した後、をクリックします Apple アイコンとMacデバイスの再起動を選択します。

2. M1Macのシステム整合性保護を無効にします

ステップ1:Macデバイスを再起動して リカバリモード を押すことによって 電源スイッチ あなたが見るまで オプション画面 現れます。ヒット Continue ボタン。

mac m1 recovery mode最初の方法からステップ2とステップ3を繰り返します。

Note: このコマンドを入力する場合は、Yを入力して同意し、M1Macの管理者パスワードを入力します。

これで再起動できます Bitwarデータ回復 Macの場合は、 システムパーティション データの回復を継続します。

3.システム整合性保護を有効にする方法

リカバリが完了したら、忘れずに入力してください リカバリモード SIPを再度有効にします。

有効にするには、次のように入力してください csrutil enable in the Terminal ウィンドウを開き、Macコンピュータを再起動します。 Note: M1 Macから管理者パスワードの確認と入力を求められた場合は、手順に従ってSIPの有効化を完了してください。

この投稿はどれほど役に立ちましたか?

星をクリックして評価してください!

平均評価 4.4 / 5.投票数: 36

今のところ投票はありません! この投稿を最初に評価してください。

前の記事

What’s New in Bitwar iPhone Data Recovery V1.5.2 概要:macOS High Sierra(macOS 10.13)以降、システムパーティションには他のサードパーティソフトウェアからアクセスできない場合があります...

次の記事

Continue Mac Data Recovery from the Last Breakpoint 概要:macOS High Sierra(macOS 10.13)以降、システムパーティションには他のサードパーティソフトウェアからアクセスできない場合があります...