フラッシュメモリとは

Last Updated: 2021-09-08
4.8
(6)

Summary:電子不揮発性記憶装置であるフラッシュメモリは、EEPROM(電気的に消去可能なプログラム可能な読み取り専用メモリ)技術に基づいています。 1980年にフローティングゲートメモリの一種として発明されました。

転送速度

転送速度に関しては、フラッシュメモリデバイスは書き込みよりも読み取りの方が高速です。転送速度は多くの要因の影響を受けます。

  • ストレージコントローラーの品質:デバイスが部分的にいっぱいになると、より重要になります。
  • 不適切なコントローラー:速度が低下します。
  • ビジーシステム:CPU負荷が最大のシステムは、デバイスが送信するよりも受信が遅くなる場合があります。
  • ドライブ容量:フラッシュメモリがいっぱいになるほど、フラッシュメモリは遅くなります。
  • 持続時間:時間とともに遅くなります

フラッシュファイルシステム

その特定の機能のために、コントローラーまたは特別に設計されたフラッシュファイルシステムで使用するのが最適です。

フラッシュストアが更新されると、フラッシュファイルシステムは変更されたデータの新しいコピーを生成して新しいブロックに書き込み、ファイルポインタを再マップし、最後に古いブロックを消去します。実際には、フラッシュファイルシステムはメモリテクノロジデバイス(MTD)にのみ使用されます。

容量

家庭用電化製品でより高い使用能力に到達するために、通常、複数のチップが配列されています。フラッシュチップの容量は、ムーアの法則に従って、同じ集積回路機器の多くで製造されています。

フラッシュメモリチップは厳密に2進数の倍数でサイズ設定されていますが、実際の総容量はドライブインターフェイスでは利用できません。容量は、デバイスの内部ファームウェアに必要な書き込み、エラー訂正コード、およびその他のメタデータの配布を実現するために、宣伝されているよりも大幅に大きくなっています。

  1. 2005年:東芝とサンディスクが開発したNANDフラッシュチップは、マルチレベルセル(MLC)テクノロジーを使用して1GBのデータを保存できます。 9月には、世界初の2GBチップが発売されました。
  2. 2006年3月:Samsungは、4GBのデータを保存できるフラッシュハードドライブを発表しました。 9月に8GBチップが発表されました。
  3. 2008年1月:SanDiskは、16GBのMicroSDHCカードと32GBのSDHCPlusカードを発表しました。
  4. 2016年7月:Samsungは4 TB Samsung 850EVOをリリースしました。 8月、同社は32 TB2.5インチSASSSDをリリースしました。また、2020年までに最大100TBの容量のSSDを公開する予定です。

Applications

Aハードドライブの交換:フラッシュドライブは、モバイルデバイスのセカンダリストレージデバイスとして、また高性能デスクトップコンピューターのハードドライブの代替として機能しています。

RAMとしてのフラッシュメモリ:2012年には、フラッシュメモリがメインコンピュータメモリであるDRAMとして使用されました。

FPGA構成:一部のFPGAは、内部要素をリンクするためのスイッチとして使用されるフラッシュコンフィギュレーションセルに基づいています。

長所短所

フラッシュメモリの用途を検討する際には、長所と短所を比較検討する必要があります。

長所

  • 便利で持ち運びが簡単
  • 高速
  • 不揮発性メモリ
  • 長期保存庫
  • 機械的に頑丈

短所

  • ハードドライブよりもビットあたりのコストが高い
  • 限られた収納スペース
  • ブロック消去

Bottom Line

過去10年間で、フラッシュメモリは急速に磁気ストレージに追いついてきました。高速でコンパクトなSSDは、PCからスマートフォンやiPodへのハードドライブにますます取って代わっています。一般的に言って、フラッシュメモリはデータストレージにおいて重要な役割を果たしており、技術が発展するにつれて、フラッシュメモリはより良く改善されるでしょう。

 

How useful was this post?

Click on a star to rate it!

Average rating 4.8 / 5. Vote count: 6

No votes so far! Be the first to rate this post.

Previous Article

Vlogの簡単な紹介 概要:電子不揮発性記憶装置であるフラッシュメモリは、EEPROM(電気的に消去可能なプログラム可能な読み取り専用メモリ)テクノロジに基づいています。タイプとして1980年に発明されました...

Next Article

Get Started the Bitwar HEIC Converter 概要:電子不揮発性記憶装置であるフラッシュメモリは、EEPROM(電気的に消去可能なプログラム可能な読み取り専用メモリ)テクノロジに基づいています。タイプとして1980年に発明されました...

About Bitwar Data Recovery

3 Steps to get back 500+ kinds of deleted, formatted or lost documents, photos, videos, audios, archive files from various data loss scenarios.

Learn More

Hot Articles

    Related Articles